なんとなく元気

なんとなく元気なつもりで・・・

病み上がり、ボンヤリ

風邪だったのか

床を抜け出すことができずに今日です。

今日は養蜂園へ

皆さん朝から雨の中を蜂の出荷で大忙しです。

心配だったのは、風邪を誰かに感染していないかでしたが

日頃鍛えている皆さんは大丈夫でした。

そうそう

福岡のN君の方も大丈夫だったようです。

見舞った翌日

私はダウンしたわけですが

同行のF君もダウンしたと言います。

抵抗力の衰えた年寄りってことなのか?

今後は抗菌作用の強い

はちみつやプロポリス食べて予防すべきですね。

さて、本題へ。

本日は新パッケージ作成の見積もりについて協議。

納得できるものにするため

相見積りをお願いすることとしました。

(昔のコネは有り難し)

複数社に相談することで

正解を得ることができると思います。

今日は病み上がりで

頭がボーっとしてますが

明日にはシャキッとした打ち合わせを行うつもりです。

 

 

 

やっべ、もう始まったよ

決算

確定申告がスタートしました。

稼ぎの少ない者って

つい日頃の記帳怠慢してたりします。

f:id:NCOM:20190218184046j:plain

ヤバイよ、ヤバイよ!

来月15日がタイムリミット

何があっても最優先の作業です。

しかし

国民の義務といえども

そこそこの貧乏人は 

オッケーって

見逃してくれないかな?

友はいつまでも共に

16日の土曜日

友人N君の誕生日祝いに福岡へ

同行するF君の仕事の都合で

大分発朝7時半

熊本経由で目的地の南区という行程です。

自分は体調がすぐれなかったので

全行程をF君が運転してくれたので助かりました。

さて

脳梗塞から半身不随

言葉を失ったN君はどうしてるかな?

実は彼の妹さんと話していて

サプライズでお伺いしました。

最初はキョトンとしていた彼

過去の記憶を思い出せたのか笑顔でした。

f:id:NCOM:20190217235254j:plain

糖尿病も良くなって

バースデーケーキを食べるまでになっていました。

言葉は

最初の一言を見つけるのが大変なのだそうです。

先日の悪巧みのビデオメッセージを見て

大変喜んでいるようでした。

ずっと言葉は発しなかったけど

別れ際に

「ア・イ・ガ・ト」

って言ってくれました。

来てよかった。

みんなバラバラに生きているけど

いつまでも友達であることに変わりはないんだよ。

生きて会えることが有り難いのです。

皆さんも

健康に注意してお友だちと

楽しい人生を満喫してくださいませ。

私は体調回復のため終日寝ます。

繋がった〜

先日来大学時代の友人K君と

ラインのやりとりで

あーでもない、こーでもないと

連絡し合っていたのですが

バレンタインの朝

地下鉄で通勤途中の彼から

動画が送られてきました。

脳梗塞で言葉を失い

療養中のN君に向けたビデオメッセージです。

受験の時のエピソードから

K君の住む東京でのN君との出来事など

知らないこといっぱいの

温かいメッセージでした。

過去を共有することは

今も繋がっているということかな?

いただいたデータを織り込んで

簡単なビデオを作りました。

f:id:NCOM:20190215043638j:plain

「同じ青空を仰いだ友へ」

これからも一緒に

明日の空を拝めますように。

見上げる空はひとつ。

僕らは

何処にいても

何をしていても

繋がっているのだ!

 

気持ちが伝わる

先日

TOKYO広尾のお店に初出荷

お店の様子をわざわざ送ってくださいました。

f:id:NCOM:20190213232111j:plain

POPもバッチリ

賑々しく「大分のはちみつ」Hony Bee Branch祭りではありませんか。

僕らはお店と一緒にいるんだって感じます。

確かに伝わっている。

『気持ち』

商品はそのメッセージを伝える媒体。

生産から加工そして流通販売へ

それは全ての人を繋ぐ

コミュニケーション活動なのだと思います。

我々は

単にモノを移動させているのではない

感動を共有しているのです。

折角なので

コミュニケーションする相手も選びたいですね。

現在

東京で唯一

「大分のはちみつ」Hony Bee Branchを買えるお店

『広尾アロボ』

f:id:NCOM:20190213235031g:plain

arobo | choose wisely

食材をはじめとして

大分のコト温かく伝えてくれています。

皆さま今後ともよろしくです。

f:id:NCOM:20190214001356j:plain

 

 

 



 

 

 

売れれば良いのか?

今日は月一の会議

最近

メンバーの数は増えてきたけど

中身はどうなんだろう?

専門家の立ち位置が変化してきているような・・・

自分の活動においても

課題解決と言いながら

対処療法的なサポートになっていないか?

国の認定を受けることが目的になっていないか?

自己満足で終わっていないか?

反省すべきことが多い気がします。

最終目的は

国内第一次産業の存続発展なのだと思っています。

だから

商品が売れることは大事なのですが

1次産業から見れば

より高く、より永く売れることが求められるべきだと思います。

流通の世界では

より安く、より多く提供することを求められている気がします。

だから

単に販路開拓と言っても

安易なマッチングは避けるべきで

例えば

「国産の一次産品が欲しい」と言われても

真に当該商品を求めているとは限りません。

国内同等品と価格で比較されるようなことにもなりかねません。

だから

流通業者が

どこまで当該商品を理解できていて

価値観を共有できるかを生産者と販売者相互に吟味すべきです。

間に立つものとしては

安易に「業者を紹介する」というようなことは口にすべきではない。

我々は仲人のようなもの

相性ってあると思うし

一次、二次、三次産業者の 

ずっと幸せな関係が続くことを願います。

マッチングする企業ポリシー、在り方は重要だと思います。

 

 

 

 

 

 

不器用な悪だくみ

先日

不意に見知らぬナンバーから携帯が鳴った。

会社時代のクライアントのGさん

現在は定年退職後関連会社に勤務中とのこと。

さて、ご用件は?

「今朝クルマですれ違った時、車のテールランプが切れてましたよ」

だって。

とても恥ずかしかった。

Gさんは自分に気づいて

更にランプが切れていたのを知らせてくれたんだ。

きっと

バックミラーで振り返って見てくれたんですよね。

自分はGさんに気づくこともなく通り過ぎてしまった。

自分が薄情な人間になったような気がして。

忘れちゃいけないんだ

自分の人生に関わってくれた人を。

そう胸に刻むと

思い出した人物の顔が浮かびました。

高校、大学の友人のN君

彼は脳梗塞を発症して言葉を失い

闘病中。

確か今週の土曜日は彼の誕生日だった筈だ。

「会いに行こう」

大学の友人

F君に電話し、同行が決まった。

在京のK君に連絡したところ

同行は無理なのでメッセージを託したいとのこと。

ビデオレター

SNSを使って送ってもらうことになったが

双方ともラインをやっているものの

全く不慣れで

夫々の子供に聴きながら友達申請・・・

f:id:NCOM:20190212002527j:plain

なかなか繋がらない。

電話は簡単に繋がるのにね。

まだ4日あるし

不器用な

おじさんの悪だくみは続くのであります。

友よ

忘れていないし

思い出しておくれ

いつまでも

君の存在は確かに我々の人生の一部なのだ。

あっ

f:id:NCOM:20190212082722j:plain

Gさん

車のランプちゃんと交換しました。

ありがとうございました。